脇の臭い > 体臭の対策

手術以外のわきが対策

「 わきが手術 」 のところでもお話しましたが、
局所的なところに注目すれば、ワキガの原因は脇の下にある汗腺。

アポクリン汗腺になります。
ですから手術ではこれを除去するわけです。

手術の方法にもよりますが、
すべて汗腺を取り除くことが出来れば、わきがは完治します。

しかしこのページでは、もうすこし違った角度から、手術以外の方法で、わきがや体臭の対策が出来ないか考えてみたいと思います。

完治できるかどうかはさておき、
体質改善に取り組めば、かなりのニオイが軽減するからです。

世界のワキガ率が意味するもの

全世界のわきが人口に関するデータがあるのですが、それによれば欧米人のワキガ率は70%以上。

それに対して日本人のワキガ率は10%程度だといわれています。

このデータがどれほど正確かはわかりかねるのですが、ワキガの体質にも 「 傾向 」 がある。 という点は間違いなさそうです。

ここで欧米人と日本人とでなにが違うのか?
ということを見ていくと、

一番の違いは 「 食生活 」 だろうと思います。

近年でこそ日本人の食生活は欧米化してきていますが、
日本人古来の生活では、畑で取れる穀物、また野菜などが中心だったはずです。

ですから毎日の食事を改善することが、
臭わない体を作ることにもつながるのです。

具体的には肉類の摂取を控え、
インスタント食品などのジャンクフードを食べないようにすることです。
また、体内に老廃物をためないというのも重要です。

老廃物とは、つまり 「 便 」 ですね。
ですから便秘気味だという方は、毎日の便通をよくするのもポイントです。

オリゴ糖酵素飲料 などを積極的に摂るようにするといいです。

生活習慣が体質を変える

食べたもの、体内に取り入れたものによって私たちの身体は作られるのですから、

どんなものを取り入れるかによって、
ワキガや体臭にも影響があるのは、ある意味当然といえば当然です。

その証拠に、
手術することなくワキガを克服した方がいます。

この人は糖尿病の治療をすすめるなか、
長年悩み続けたワキガが治っていたことに気が付きます。

糖尿病だと宣告され、
医師の指示に素直にしたがって生活をかえたことによって、
体質が変わった・・・

それによってワキガも克服できたのです。

体質改善は1日、2日でできるものではありませんが、
取り組むのは毎日の食事を変えたり、運動したり、すごくシンプルなことなのですね。

手術せずにワキガを治した方法はこちら>>